文化の記事一覧
大鍋で作る芋煮は毎年人気で、午前8時半の整理券配布前から会場には長蛇の列ができた
自衛隊はなぜ精強なのかある下士官の生き方から見えた自衛隊の真実第一次イラク復興支援隊が現地に在った時に、実は現地には「棺桶」が運び込まれていたことを記憶している人は居るだろうか
保存工事は原爆ドームの劣化防止が目的で、1967年、89〜90年、2002〜03年、15〜16年と過去に4回実施
逆に、若者にはネトウヨなどほとんどいません
‪険悪化する日韓韓国にどう呼びかけるかご意見募集||毎日新聞「政治プレミア」‬元徴用工の問題をきっかけにはじまった日韓関係の悪化はとどまるところを知りません
先日、東京五輪組織委員会が旭日旗の利用は問題ないと発表したのを受けて、それに対して韓国メディアがIOC(国際オリンピック委員会)に問い合わせたところ、「旭日旗の政治的利用はしてはならない」という回答をした
大統領府が、駐韓米軍基地の土地を早期に返還要求と明らかにすると、米国に対する圧迫カードを出したという反応が続きました
「今日までドイツから大戦中の残虐行為への適切な賠償を受けていない」
【徳島】トイレの台に大便を置いた疑い、55歳無職の男を逮捕「ストレスを解消するため、その場で大便をして置いた」…美馬市
性暴行は3月〜5月に行われており、被害者の女子小学生をアパートに誘い数回性暴行した疑い
アゼベド国防相は同日夜、「素早い対応をしている
くら寿司で働いてる人いる?part2
【生協】裏事情【COOP】018コース
【文春】音声公開「犯人が繋がっていたのは山口真帆」 AKS吉成夏子社長が暴露したNGT48暴行事件の内幕★4
7月に日本を訪れた韓国人7.6%↓中国人の訪問は19%↑韓国国民が日本観光不買をしているのにもかかわらず、7月の日本観光産業にはまだ大きな影響が現れていないことが分かった
中国で7月28日、この1日だけで安徽省准南市など6都市で計9人もの日本文化に共感する、いわゆる「精日分子」が身柄を拘束されたり、逮捕されていたことが明らかになった
同倶楽部はジャパン社と土地の賃貸借契約を結ぶ方針を決めており、今後、会員権の買い取りや従業員の再就職先の支援に着手する
例えば大伴金村(おおともの・かなむら)と新井白石だ
塩村あやか参議院議員(りっけん)@shiomura支持します
津田大介こそ、「言論の敵」であり、「文化・芸術の敵」であり、「表現の自由の敵」です
名古屋市長、関係者に謝罪要求少女像展示で国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」での「平和の少女像」などの展示中止を受け、中止を求めていた実行委員会会長代行の名古屋市の河村たかし市長は3日、「やめれば済む問題ではない」と述べ、展示を決めた関係者に謝罪を求めた
【京アニ】京都アニメーションのスタジオで放火、34人の死亡確認 35人けが ガソリンまいた青葉真司の身柄を確保★74
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1563523407/0-
【芸能】「Dragon Ash」の金子賢輔、世界的ギタリスト「Char」の息子を大麻所持容疑で逮捕 ★2
青葉真司の憂鬱
ボクシング団体共同声明「努力を踏みにじるもの」日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は21日、格闘技界やネットテレビなどで行われている「ボクシング」と銘打つイベントについて、共同宣言を発表した
?a=20190618-35138648-cnn-int中国で薬物の規制を担当する国家禁毒委員会の幹部は17日、米国の一部の州やカナダが導入した嗜好(しこう)用のマリフアナ(大麻)の合法化について、「中国への新たな脅威だ」と述べた
3月の大相撲春場所後に新大関となった貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=の昇進披露宴が16日、東京都内で開かれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)、白鵬と鶴竜の両横綱ら約2000人が祝福に訪れた
日本のプロ野球選手でもガムを噛みながらプレーをしている選手は多いが、試合中にベンチでヒマワリの種を食べている選手はあまり見かけない
そこには、「この大会でMVPに選出された選手は、バルセロナと試合をするチャンスが与えられる」と告知されていた
意外な才能を見せ、注目を集めている
現地時間6月15日に行なわれたMLBのロサンゼルス・ドジャースとシカゴ・カブスの一戦にドジャーブルーのユニホームに身を包んだパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エムバペが登場した
【百田尚樹先生】ちんちんはわいせつ物ではない、見識表明2019/06/12百田尚樹先生ツイート?s=21かつてチンチンが立つ間は小説家を引退しないとツイートしたので、今回の引退の本当の理由はチンチンが立たなくなったからではないかと見る人もいるようだが、チンチンは今も立つ!写真でお見せしたいが、アカウント停止をくらうのでできないのが残念です
孤独だったこと、傷ついたこと、それが自分の人生にどんな意味を持ってきたのかということ
当事者らの“訴え”を集め、雑誌「ひきポス」で発信を続けている編集長の石崎森人さん(36)も、その答えを探し続けている